車の売却時に必要な書類とそれらの書類の入手方法

車を売ろうと考えたときにはまず、査定を行います。査定のときには「車検証」と「自賠責権証書」が最低限必要な書類でした。次にいよいよ売却となった場合にはこの二点の書類に加え「自動車税の納税証明書」「印鑑証明」「委任状」などが必要になるでしょう。では、これらの書類はどのような書類でどのようにして入手するものなのでしょうか。

【自動車税の納税証明書】
毎年4月に車の所有者や使用者に課せられる税金です。5月中には通知書が届き、その支払い後に税収印を押された控えを受け取ることになりますが、売却時にはその控えが必要になります。この「自動車税の納税証明書」を軽く見ていると非常に大変です。意識として領収書に近いイメージがありますが、紛失してしまうと車の名義変更もできませんし、車検を通すこともできなくなります。もし、紛失が発覚したならば各都道府県の税務署に再発行の手続きについて確認してみましょう。たいていの場合は車検証と印鑑があれば再発行はしてもらえます。地区によっては有料のところもあるようですので、それも含めて税務署に相談をしてみましょう。受け取ったり再発行したりした納税証明書は車検証や自賠責保険証と一緒にしておくことが望ましいと言えます。

【印鑑証明】
売却の際には実印を押印した譲渡証明書を作成します。その際の実印を証明するのがこの印鑑証明です。あとから必要と分かるとスケジュールがタイトになるのであらかじめ準備しておくことが望ましいでしょう。条件に合った印鑑を持参すれば印鑑の登録自体はあまり時間はかかりませんが、ゴム印や三文判などでは登録ができない場合がほとんどですので注意が必要です。また、登録の前の段階として実印の作成は材料などによって時間がかかる場合もあります。自治体にもよりますが、印鑑証明を発行するのには実印と合わせて印鑑登録証(またはカード)が必要です。身分証のみで発行ができることはありませんのでこちらも合わせて注意が必要です。また、この印鑑登録証を紛失した場合には「印鑑登録亡失届」を提出し一旦今登録されている印鑑を登録から抹消し、更に再度印鑑の登録を行うという手続きが必要になります。

【委任状】
車の所有者を変更する手続きを次のオーナーが行うときに、前オーナの委任を受けて手続きを行っているという証明をするものです。この書類にも実印を押印し印鑑証明を添付します。書式はさまざまですが必要事項は大方決まっています。どのような内容が良いのかは買取店に相談をすることが望ましいですが、一般的には「どこの誰がどこの誰に何を委任する」という文言が含まれていれば大丈夫です。委任することが明確になっていれば良いといえます。

売却の際に必要な書類は主に上記のようなものです。書類ではありませんがこの他にも実印が必要ですし、買取店によっては何か独自の書類が必要であったりする場合もあるかもしれません。どのような書類が必要かと言うことや、支持された書類の発行方法がわからない場合には一般的に必要な書類として上記の書類を準備の上、買取店に実際にどのような書類が必要かを相談してみるのが良いでしょう。

  • 「車買取ナビ!愛車を一番高く売るならコチラ!」は車買取をしてくれる会社を探す事ができます。
  • サイトマップ