小さくても大きくても、事故車は意外に高値で買取してもらえます

車で事故を起こしたときにはいくら安全性が高い車に乗っていてもそれなりに衝撃や苦痛を感じます。仮に体が無事であったとしても、事故で見るも無残な状態になった愛車を目の当たりにすると、「あ~…廃車だな…」と感じてしまうこともあるかもしれません。しかし、廃車にする前にその車を査定してもらいましょう。確かに乗れる車ほどの価値がないのは確かです。しかし廃車にしてしまえば廃車の手続きなどにも料金が発生します。車を失うことでも痛手なのに更にある程度の金額を払ってまで廃車にすることに何の得があるでしょうか。事故車の査定である程度の価値が出れば、それなりの金額が手元に入ってくる可能性があるのです。

車は全てが完成品でなければ売れないわけではありません。人気の車種であれば、それなりに修理の依頼も多いものです。事故を起こしてみる影もなくなった車でも、車の半分は原型を留めている場合がほとんどでしょう。その原型を留めている部分をほしがっている人もいることを忘れてはいけません。あなたの車が事故で前半分が大破していたとしても、どこかで後部が潰れてしまった車があればその車の交換パーツとして後ろ半分を求めている場合もあります。そのような場合には事故で半分つぶれた車でも価値が発生すると言うこともあります。

また、車は国内だけで販売されているわけではありません。海外に輸出される車もあります。当然、乗れる状態で輸出される車もありますが、経済的にまだ発展しきっていない国などは車を分解して部品として輸入することもあります。部品として輸入したほうが税金も安くなり、その輸入した「部品」を現地で組み立てて車として利用するのです。この場合、自動車の部品は大きな価値を持ったものになります。そのために事故で半分なくなっていたとしても、値段が付くことがあるのです。

そのほかにもある特定のパーツのみを求めているユーザーもいます。普通に乗っていたが右のドアをぶつけて凹んでしまったといったような場合です。板金で直る程度のものであればそれも選択肢にはいりますが、凹みが大きければ取り替えてしまったほうが良い場合もあります。そんな場合に、左からぶつかられて廃車になりかけている車には価値が出るのはご理解いただけるでしょう。

廃車にするのは簡単ですが、買取を依頼するのも手間は同じです。廃車にする前に事故車の買取が可能かどうか買取店に相談してみましょう。

  • 「車買取ナビ!愛車を一番高く売るならコチラ!」は車買取をしてくれる会社を探す事ができます。
  • サイトマップ