申し込みから売却成立までの車買取の流れと売却時の注意点

車の買取をしてもらおうと考えたとき、大抵の場合その流れは同じです。まずは買い取り業者の選別から入るのが通常ですが、最近ではパソコンを使って数社の買取額を参考にしながら検討する事も可能な場合もあります。いずれにせよ、まずは電話による連絡が最初の直接の連絡になるでしょう。

PCで簡易的に査定をしてもらったとしても、こちらから電話などで連絡をして査定に来てもらうにしても、通常は最初のコンタクトから0~2日でスタッフが見積もりに来てくれます。傷を直したりする必要はありませんが、最低限の掃除などはあらかじめ済ませておきましょう。もし次の車に移し変える機器などがあれば、そちらも取り外しの作業や純正品の取り付けの作業を済ませておきましょう。引き渡せる状態に限りなく近づけて査定に来てもらうほうが時間的にも無駄な時間がかかりません。

実際にスタッフが査定に来たら、修理が必要な箇所や壊れている箇所、傷のある場所などはあらかじめ伝えておくことがマナーです。後から発覚してしまうと査定の金額が変ってしまう場合もあります。無用なトラブルを避けるためにも自分の車の状況はできるだけ正確に伝えておきましょう。この査定で最終的な金額が提示されます。複数の買取業者に査定をお願いしている場合などにはこちらからの返答も数日かかることになりますが、できるだけ早めにどこで買い取ってもらうかを決定する必要があります。車の価格は日々変化をしています。査定からあまり時間が開いてしまうと、再度査定のやり直しになることもあることは理解しておく必要があります。

実際に買取業者が決まれば、都合に合わせて数日中に引渡しへと移行することになります。当然ながら売ることが決まってからの査定ですので、査定の段階から書類はそろえておく必要があります。前述のとおり査定の金額は基本的には毎日変動するものです。書類を用意するのに数日かかるようでは無駄な査定に終わってしまいます。査定で双方納得の金額が出れば、すぐに話が進むことを前提にそれぞれの準備を行っておくことが重要でしょう。

契約が成立すれば通常は数日中に入金されることになります。書類さえ確実に準備できている状況であれば思っているより簡単に売却は完了するでしょう。必要に応じてある程度の対応は行う必要はありますがその後の手続きも買取店に任せておけばやってくれます。

  • 「車買取ナビ!愛車を一番高く売るならコチラ!」は車買取をしてくれる会社を探す事ができます。
  • サイトマップ