車を売るときのETCの取り扱いについて知っておくべきこと

車を売るときには様々なことを考える必要があります。パーツを付けたまま売却するのか否かも検討する必要がありますが、その中でも特にETCは取り付けの際に個人情報を取得さえたこともあり気になるパーツのひとつだと思います。しかし、売却に当たってETCをどうするかということを深く考える必要はありません。

まず、取り付けの時には名前などの情報も提供しているので情報が漏れるのではないか、悪用されるのではないかという心配について解消していきましょう。確かに取り付けの時には様々な情報を取得されたことが記憶に新しい人もいるかもしれません。しかし実際にETCには名前などの情報が残されているわけではありません。ETCに登録されている情報はナンバーなど車に関する情報です。そしてこの情報は車を売却したときには再セットアップを行って新しい情報に書き換えるのが通常です。

仮に、購入する相手がこの再セットアップを怠っていたとしましょう。そしてその車で何か問題のある行為をしたとしても、売却したほうにはなんら不利益はありません。最悪、警察があなたに連絡をしてきて状況を確認する程度でしょう。売却先が何かその車やETCを悪用することを知っていて売却した場合にはこの限りではありませんが、一般的に言って普通に売却していれば問題は無いということになります。

では、ETCを取り外して売却した場合にはどうなるのでしょう。
先ほど述べたとおりETC車載機には車の情報が入っています。そして車を買い替えてETCを古い車から新しい車へと積み替えたのであれば、新しい車の情報に書き換える必要があります。この再セットアップには少々の手数料がかかります。ETCの機械を買い換えたとしても、そのままにしていたとしても、この再セットアップ料金は発生するということを考えれば、取り外したことによる大きなデメリットは無いといえます。あえてデメリットとして挙げるのであれば、新たに購入した車にETC車載機があった場合に手元に必要ないETC車載機がひとつ余るという程度でしょうか。

同じく、ETCをそのままにして売却した場合はどうでしょう。
この場合もセットアップについては必ず行う必要がありますので、新しい車にETC車載機が無ければ再セットアップの料金と新しいETC車載機購入のコストがかかると言う程度でしょう。売却時にETCがあることによって査定金額が大幅に上昇するということはありませんが、取り外して付け替えたりする手間を考えると、そのまま売却しても良いのではないでしょうか。

  • 「車買取ナビ!愛車を一番高く売るならコチラ!」は車買取をしてくれる会社を探す事ができます。
  • サイトマップ