車を売るときには洗車や掃除をしておいたほうが得なその理由

車を売ると決めたときには洗車や掃除をしたほうが良いのか、それともしなくても良いのか、考えることはあるでしょう。「掃除をしていてもしていなくても車の車種や年式が変わるわけでもないし、査定には影響ないでしょ?」そんな意見も聞こえてきそうです。

しかし、この「洗車と掃除」は買取のときの印象を大きく左右するものです。結論からお話をすると、必ずといっていいほど洗車と掃除は行っていたほうが良いということになります。洗車や掃除をしっかりと行っている車を見たときにまず思うことは「大切にしているな」という印象です。仮に、いつもは洗車も掃除もしていないまま乗っていたとしても、査定のときにきれいに掃除していれば大切にしていると感じるのです。買取の時には上手に勘違いさせることも重要です。また、洗車や掃除が行われていれば車の傷や不備も見つけやすくなります。これは一見、売るほうには不利なように感じられますが、不利になることはありません。あらかじめ故障箇所や傷が分かっていれば後から傷や不備が見つかって金額が下がったり、余計なやり取りが発生することもなくなります。洗車や掃除をしていれば、売り手も買い手も気持ちよく取引を行うことができるのです。

さて、では実際にどのような洗車や掃除をしていれば良いのでしょうか。

当然、今までにやったことのないくらいにきれいに掃除しておくことに越したことはありません。最後ということもあるので徹底的に掃除できるようであれば掃除してしまいましょう。意外に見落としがちなのが車の中の匂いです。自分では気づかなかったとしても人の臭いというのは他人には敏感に感じられるもののひとつです。今はスプレー式の除菌洗浄剤なども多数販売されていますので、匂いには最大限の注意を払いながら掃除をしておくことが重要でしょう。これにあわせて車内の空気の入れ替えも行うことで更に効果は高まります。天気の良い日に外で窓を全開にして少しの間風を通すことで車内の匂いはかなり軽減されます。

外装の材質や性質にもよりますが、洗車やワックス、可能であれば窓の撥水効果も中途半端に残っていて油膜になっている状態よりは綺麗に撥水効果が出ているほうが印象が良いでしょう。室内の泥や土は綺麗に取り除いておくほうが見栄えも良いですし、埃が溜まった状態よりも艶出しなどで綺麗に掃除されているほうが好印象です。ホイールにブレーキの粉が付いているようであれば、それを綺麗に取り除くことも忘れずに行いましょう。タイヤも劣化で白くなっているようであれば、タイヤ専用のクリーナーなどで掃除しておくほうが綺麗に見えます。ナビのモニターに何か付いているようであれば、OA用のウエットティッシュなどで掃除すれば綺麗になります。タバコを吸うようであれば特に匂いには気を配る必要があります。都合で洗車ができないのであれば、夜間走行でフロントについてしまった虫などの死骸を少し水をかけてふき取っておくだけでも綺麗に見えます。

上手に可能な範囲で手早く掃除を行い、買い手に余計な心配をさせないようにして円満な取引を行いましょう。

  • 「車買取ナビ!愛車を一番高く売るならコチラ!」は車買取をしてくれる会社を探す事ができます。
  • サイトマップ