自動車にかかる税金と車買取時に還付される税金と還付されない税金

自動車を自分で取得したことがある人なら誰でも、その車には税金がかかっていることはご存知かと思います。税金にはいくつかの種類があり、中には車の買取を依頼することで還付される税金もあります。優良な買取店であれば当然ながら還付されるべき税金についてもしっかりと内容や金額の提示がありますが、中には何も提示せずに買い取ってしまう業者も残念ながら存在します。金額の大小にかかわらず、還付されるべきものはしっかりと自分で把握し、請求していくために自動車の税金については把握しておく必要があるでしょう。

車にかかる税金は大きく分けて三種類の税金があります。まずは自動車取得税から見ていきましょう。

「自動車取得税」はその名のとおり、自動車を取得したときに発生する税金です。この税金は車を売却しても特に還付されることはありません。あくまでも取得することに対しての税金であり、たとえ乗っていた期間が一日で売却したとしても自動車取得税は返ってくることはありません。

二番目の税金は「自動車重量税」です。この税金は自動車を新たに取得するときや車検のときに、その車の重量に応じて課される税金です。この税金は車を廃車にするときに車検が一ヶ月以上残っていれば残った期間について還付を受けることができますが、売却した際には戻ってきません。もしも車の売却を考えているのであれば特に考える必要のない税金と言えるでしょう。ただし、車を廃車にすることも念頭においているのであれば多少の還付があることは知っておく必要があります。

最後のひとつは「自動車税」という税金です。この自動車税は軽自動車では「軽自動車税」と呼ばれ、「自動車税」と「軽自動車税」では少し性質が違います。軽自動車税は年度ごとの金額設定になっているため、廃車にしても売却しても税金の還付はありません。しかし、自動車税は廃車や売却の際には翌月から次の3月までの自動車税が月割りの計算で還付されます。

この三つの税金のほかには「リサイクル税」という税金があります。このリサイクル税は車購入時に支払った金額を、次の所有者から受け取ることができるというシステムです。

このことから乗っている車が軽自動車で、買取店に買取を依頼するのであれば税金の還付はリサイクル税のみということになります。逆に、軽自動車ではない車を手放すのであれば、このリサイクル税のほかに、リースなどの契約でない限りなんらかの形でさらに税金の還付が行われる可能性が高いということです。三月以外に買取を依頼するのであれば自動車税が還付されます。仮に廃車にするのであればそのほかに重量税が還付されるということになるのです。確かに大きな金額ではないかもしれませんが、それでも税金が還付されれば少し得した気分になります。もしも、軽自動車ではないのに買い取り店が還付についての話をしてこないのであれば、確認して還付してもらいましょう。ただし、新しい車に乗り換えるのであれば、新しい車の税金を支払う必要があることもお忘れなく…。

  • 「車買取ナビ!愛車を一番高く売るならコチラ!」は車買取をしてくれる会社を探す事ができます。
  • サイトマップ