車買取査定のときに直したほうが良い傷と直さなくても良い傷や凹み

さて、車を売ろうと考えたときに傷や凹みに気づいた場合はどのようにすれば良いのでしょうか。査定の金額を上げようと考えれば、傷や凹みは綺麗に直してしまうことが理想でしょう。しかし、傷や凹みを直すのにもお金がかかります。ではどのような傷や凹みは直す必要があり、どのような傷や凹みは直さなくても良いのでしょうか。

ずばり、その境目は業者に頼む程度のものかどうかです。一般的に傷や凹みを直すのであれば、金額が安めのバンパーでも数万円かかる場合がほとんどです。では、数万円かけて査定が数万円上がるかというとそういうわけではないのは誰でもわかると思います。わざわざ専門業者に依頼してお金をかけて修復しても、その金額が査定に反映されるわけではありませんので、依頼しなければならないような傷や凹みはそのままで査定を依頼することが望ましいでしょう。傷はさまざまなものがあるので一概には言えませんが、凹みの場合はほとんどがそのまま査定に出したほうが良いと考えられます。

逆に業者に頼まなくても直せるような傷はできるだけ自分自身で直してみたほうが良いでしょう。カー用品店に行けばちょっとした傷を直せるツールなども多数存在します。可能な範囲で小さな傷を直しておけば、思っているよりも見た目が良くなることもあるでしょう。

ただし、直すにせよ、直さずそのまま査定してもらうにせよ、大切なのは隠そうとしないことです。たとえ傷を直して分からないような状態になっていたとしても申告しておくくらいの心構えが必要です。分からないぐらいに綺麗に直っているのであれば、その分からなくなっている傷で査定を下げるようなことは一般的にはありません。それよりも隠している状態でその傷が見つかってしまった場合には、更に隠されている傷がないかと厳しく探すことになります。それでほかにも隠しているものが見つかろうものなら、更にはほかの部分で隠されているものがないか細かく見られてしまうことになります。

大切なのは隠さないこと。心当たりがあるのであれば、申告してしまうことが重要です。変に疑われてしまうよりも円満な契約を心がけましょう。

  • 「車買取ナビ!愛車を一番高く売るならコチラ!」は車買取をしてくれる会社を探す事ができます。
  • サイトマップ