車の査定のポイントと、より高く査定してもらうためのテクニック

新しい車に乗り換えるのが楽しみであるとしても、今まで乗って来た愛車を手放すのは淋しいものです。下取りに出すにしても、買取をお願いするにしても、できるだけ良い査定にしてもらえればそれに越したことはないでしょう。ではそのために私たちができることは何があるのでしょうか。一般的な話にはなりますが、査定をする人がどのようなところを気にしているかを考えてみたいと思います。

車の査定の場合、確認する箇所は大きく分けて五つほどに分けることができます。外装・内装・エンジンルーム・車台・その他です。どの箇所でもチェックするのは、新しく購入する顧客が何を気にするかという視点に立てば、自然と査定項目が判断できるのではないでしょうか。

まず、外装ですが汚れ・キズ・錆などは基本的なチェック項目です。そのほかに可動部・色・パーツなども外装として一般的にチェックされる項目であると考えて間違いありません。

内装は汚れ・キズ・臭いは必ず確認される項目でしょう。併せてAV機器やハンドルやメーターなどのパーツや付属品の類もチェックされるのではないでしょうか。

エンジンルームはオイルやバッテリー、パーツや修復暦を確認します。修復暦などがある場合にできるだけ早く伝えておくほうが賢明ですね。

修復暦の確認が必要な項目は他に「シャーシ」などがあります。車台を確認することで、全体のゆがみなども確認してみるようにしましょう。その他にも年式やグレード・走行距離・整備記録や車検証と、査定される項目は様々なものがあります。では一般的にその様々な項目の中で何に気を配ればより高査定へと持ち込むことができるのでしょうか。

まず、気をつけるべきことは「汚れ」です。仮に他の部分で高評価・高査定されるとしても、汚れていればその効果は半減します。ただ少し汚れを落とすだけ、ただ掃除機をかけるだけでも評価が上がる場合もあるのです。その他にも可動部に軋みがあるようであれば潤滑剤を流し込むだけでも効果があります。タバコを吸うのであれば、除菌スプレーや消臭スプレーなどを使ったり、少し風を通しておくだけでも効果はあります。車検証や整備記録・その他備品のマニュアルなどがある場合には、綺麗に纏めておくだけでも印象は変わってくるでしょう。

もし、キズや不具合がある箇所があれば事前に申告するのもポイントです。申告せずに下手に後から見つかってしまうと、他にもないかと血眼になって探されるのがオチです。問題のある部分はあらかじめ伝えてしまうことで、少しの間ですが査定をする人との信頼関係を作っておくこともポイントとなります。

査定の「その他」にあたる部分には走行距離やグレードや年式など、ある程度固定した条件の部分が多くあります。そういったところで不利な要素があればあるだけ、車を綺麗に掃除して渡すことは大きなメリットになります。綺麗な状態で査定をお願いすれば、普段も(たとえそうでなかったとしても)綺麗に乗っていたものと考えがちです。細かいところに気を配れれば、自然と査定の金額は上昇していくでしょう。

愛車との最後の思い出に、徹底的に掃除して査定に出してみてはいかがですか?

  • 「車買取ナビ!愛車を一番高く売るならコチラ!」は車買取をしてくれる会社を探す事ができます。
  • サイトマップ