車の買取と車の下取りの比較と、最終的にどちらが有利にかを考える

今乗っている車の買い替えを考えたときに「現在の車をどうするか」ということは避けて通れない検討項目の一つになるでしょう。乗っている車を廃車にするか、友人や家族などに譲るのかなど方法は限られてきますが、その中でも検討の末候補に残ることが多いのは「買い取りにするか、下取りにするか」という究極の選択ではないでしょうか。

ではこの「買取り」と「下取り」の違いは何なのでしょう。それぞれの特徴とそれぞれの違いを理解して上手に手元の車の価値を確保しましょう。

まず「買取」とはその名のとおり車を現金で買い取ってもらうことです。特徴としては手元に現金が入ってくることが特徴といえます。現金ですので当然ながらその用途に限りはありません。車に限らずほかのものに充てることも可能です。

次に「下取り」ですが、これは下取りをしてくれる中古車販売店で新しい車を手に入れることが前提となります。ニュアンスとしては「手持ちの車にお金を足して新しい車と交換する」と考えると分かり易いと思います。現金が手に乗ることはありませんが、支払うお金を少なくすることが可能です。

では、それぞれのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

良くある都市伝説のひとつに「下取りだと高めに見積もってもらえる」という伝説があります。もちろん、購入する中古車販売店が探している車や人気の車であれば、高めに見積もることもあるかもしれませんが、これは買い取りでも同じことが言えます。買い取った後の車の手続きにかかる費用などを考えると、特段に「下取りだと得」ということはないと考えたほうが無難でしょう。今は買い取り店も多く存在します。買取での価格と下取りの価格をそれぞれ査定してもらい、諸費用や手数料なども考えてどちらが得か総合的に判断するのが良いでしょう。

とは言うものの、買取と下取りで大きく違うところがひとつあります。基本的にはどちらも査定に変わりはないですが、買取で「値段の付かない車」については下取りが有利です。新しい車を購入するということから、泣きながら下取り価格を設定してくれるところもあるかもしれません。ただ、結局処分するかも知れないような車であれば、そのことも考慮して全体の価格に加算することも考えられます。下取り価格が高くても、購入する車の値段がその分高くなっていれば結果は同じです。買取と下取りの価格を単純に比較するのではなく、最終的に新しい車を手に入れた時点でどちらが得であるかをしっかりと考慮して買取にするのか、下取りにするのかを決めましょう。

ほかにもAV機器が付いているのであればまずは外した価格と含めた価格の比較も重要です。ドレスアップしたパーツがあるのであれば、そのパーツも外した場合と含めた場合の金額の確認が必要です。もちろん査定の基準にはなりますが、車の傷は思っているよりも気にされません。手間はかかるかもしれませんが、買取でも下取りでもどちらでも対応できるように準備することでそれぞれに適した対応が可能になるでしょう。

  • 「車買取ナビ!愛車を一番高く売るならコチラ!」は車買取をしてくれる会社を探す事ができます。
  • サイトマップ