車を買取してもらったり、車を手放すときの任意保険の手続きについて

車を買取に出したり他人に譲渡するときに忘れがちなのが任意保険の手続きについてです。中には更新時期が来るまで忘れていて、保険会社から通知が届いてから思い出すこともあるかもしれません。

車を乗り換えるのであれば保険会社に届けている車両の変更が必要です。新しい車の装備によっては保険料が変更になることもあります。特に普通自動車から軽自動車への乗換えやその逆の乗り換えの場合には、保険料には必ず変化が出ますので注意しましょう。どちらにしても乗り換えるということを保険会社に連絡する必要があります。保険の満期前に乗り換えるのであれば、その後の保険料から差額を算出して追加の保険料を払ったり、次の保険料から差し引いてもらったりすることも可能です。

次に車を完全に手放し、車に乗らなくなったとしましょう。この場合にも保険会社に連絡が必要になります。特に無事故期間が長い場合、保険の等級に変化が出ることに躊躇してしまうことがありますが、気にする必要はありません。保険会社で一時的に自動車保険が必要無くなる旨を伝えると「中断証明書」を発行してくれます。この中断証明書を取得していれば、再度自動車保険を契約する必要がある場合に等級を引き継いで再契約することが可能です。仮に7等級であったとしても、最初からの状態に戻ることはありませんのでどのような状況でも自動車保険を解約するのであれば必ず取得していたほうが良いでしょう。この中断証明書は解約や満期のタイミングだったとしても取得することができます。もし、取得しないまま解約していたとしても一年(13ヶ月)以内であれば取得することも可能です。中断証明書を発行するときには契約している保険会社に中断証明の発行依頼を行えば発行する事が可能です。ほかにも車両を譲渡した証明書などが必要な場合がありますので、詳しくは契約している保険会社に確認すると良いでしょう。

中断証明書を発行後、再度契約するときにはいくつかの条件があります。車を再度取得したのであれば、その一年以内、海外渡航の場合は帰国してから同じく一年以内の契約であれば中断証明書に基づく等級で再契約が可能です。

この中断証明書は10年間有効で、その間で前述の条件を満たしていれば中断証明書発行時点の等級で再契約が可能です。たとえ、車にはもう乗らないと思っていても10年の間に何があるかはわかりません。車を手放し、任意保険を解約するときには必ず取っておくほうが良い書類、それが中断証明書なのです。

  • 「車買取ナビ!愛車を一番高く売るならコチラ!」は車買取をしてくれる会社を探す事ができます。
  • サイトマップ