ローンが残っている車を売却するときに確認するポイントと方法

ローンが残っている車でも査定に出して買取を依頼することができます。しかし、それは自分ひとりで勝手にできるものではなく、ローン会社や買取店などに連絡をして、情報を得ながら売却の手続きを進めることが望ましいでしょう。

まだローンの残債がある(ローンが残っている)場合にはまず車の車検証を確認してみましょう。おそらく「使用者」の欄はのっている個人名が記載されているでしょう。しかし「所有者」の欄にはローンを組んだ信販会社やクレジット会社の名前が記載されていることと思います。売却を行うにはこの所有者を変更すると言うことになります。この場合、まずはクレジット会社に連絡をして車を売却する意思があることを伝えることが先決です。

実際に査定をしてもらったその金額は、ローンの残債(残額)と比較する必要があります。例えば車の査定で150万円の価値があると査定してもらったとしましょう。車のローンがあと100万円残っているのであれば、その100万円はローン会社に支払うことで信販会社への債務はなくなり、手元に50万円のキャッシュが残ると言うことになります。

同様に査定が80万円で、同じくローンが100万円残っているのであっても一旦は100万円をローン会社に支払うことになります。当然、20万円のマイナスが出ますが、その金額は現金を手出しして埋める(支払う)こともできますし、その20万円分のローンを別途組むことも可能です。

どのような理由で車を処分するにせよ、多少手間は増えますが、通常の所有者が自分である車を買い取りに依頼するときと変わりません。

また、リースの形態を取っていたとしても、リース会社によっては同じく他社に買取を依頼することが可能な場合もあります。当然、その場合にも車両価格の残額をリース会社に支払ってしまうことが前提にはなります。リース会社によってはこの方法が取れない(売却できない)場合もありますので、詳細は車検証の所有者に確認してみてはいかがでしょうか。

どのような場合にも車を買い取りに出すことは何らかの方法で可能です。最初から諦めるのではなく、まずは各方面に確認してみることが重要でしょう。

  • 「車買取ナビ!愛車を一番高く売るならコチラ!」は車買取をしてくれる会社を探す事ができます。
  • サイトマップ