車の査定のときに必要な二点の書類とその入手方法

愛車の買取をお願いするときにはさまざまな書類を用意する必要があります。しかし、これは「売却」を前提としての話で、実際に「査定」のみを行おうと考えているのであれば全ての書類を用意する必要があるわけではありません。前もって行う査定時に必要な書類と実際に車を売却するに至った場合に必要な書類とを知ることで、効率よく無駄な書類を集めることなく進めていくことができるでしょう。

査定のときに必要な書類は売却時に比べるとあまり多くはありません。買取の場所によって若干の違いはあるかもしれませんが、最低限必要な書類は【車検証】と【自賠責保険証書】の二つです。今回はこの二つの書類について説明します。

【車検証】
新車の登録のときに発行されます。「これがないと始まらない」といったレベルの書類です。車の大きさや種類、定員など法的な取り決め要素も含まれた書類です。多くの場合新車でも中古車でも車のダッシュボードのボックスやサイドのボックス、トランクなどには入っているものです。ちなみに車に乗っていて職務質問を受けると免許証の次に求められるのはこの車検証です。正式名称は「自動車検査証」といい、書類の一番上にはこの書類名が記載されています。もしもこの「自動車検査証」を紛失していたり、あるけれども文字が読めない状態になっているようであれば再発行の手続きが必要になります。再発行は陸運支局で手続きを踏めば行うことができますが、そのためには受付の時間や必要書類を確認してから向かいましょう。個人が個別に車検証の再発行を行うのであれば「使用者の委任状」「車検証」「理由書」「申請者の身分証明書」「手数料納付書」「申請書」が必要になりますが、このうち「使用者の委任状」は使用者本人が出向く場合には必要ありません。同様に使用者本人が申請に行く場合は「申請書」が「理由書」を兼ねるため「理由書」も必要ありません。紛失や盗難による再発行の場合は「車検証」も不要になります。最後の二つ「手数料納付書」と「申請書」は発行時に作成する書類です。再発行の手続きには数百円の手数料がかかります。

【自賠責保険証書】
車に乗るのであれば必ず加入しなければならない保険です。強制保険とも言われます。被害者が最低限の保障を受けるためにある保険で、車の場合その有効期限を表すステッカーがフロントガラスに貼られています。車検のたびに次の車検までの日付で更新するのでこのステッカーで車検の時期も測ることができます。車検証よりも少し小さめの書類である場合が多く、正式名称は「自動車損害賠償責任保険証」といいます。法律で車に携帯しておかなければならないと定められている書類ですので、紛失などの場合には再発行を行う必要があります。加入している保険会社に再交付の申請書や身分証を提示して再発行を受けることになります。手数料は無料の場合がほとんどですが、詳細は保険会社に確認する必要があるでしょう。加入している保険会社がわからない場合には、車を購入したところに聞いてみると良いかもしれません。再発行の手続きは代理店でも可能な場合があります。

査定のみであれば最低限この【車検証】と【自賠責保険証書】の二つがあれば査定は行えるということになります。ただ、注意しなくてはいけないのは査定すれば買取へとつながるのが一般的な常識であるということです。この二つの書類を揃えておくことは当たり前ですが、マナーとしてほかの書類がいつそろうかという事に関してせめて予定だけでも明確に返答できるようにはしておきましょう。

  • 「車買取ナビ!愛車を一番高く売るならコチラ!」は車買取をしてくれる会社を探す事ができます。
  • サイトマップ